読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちいさいおうちをたのしむ

築40年の50㎡の小さな中古マンションを購入し、夫婦2人でセルフリノベーションであちこちカスタムしていくブログ

f:id:jikobukken:20170104150957j:plainf:id:jikobukken:20170104151001j:plainf:id:jikobukken:20170104151004j:plain

【DIY】 猫用食器(フードボウル)を¥200で制作

セフルリノベーション(DIY)

我が家の猫のおばけちゃんは元々男やもめのゆきひろの連れ子だったので、デザイン性もクソもない垢抜けないフードボウルを使っていて「ださいなー、かわいい食器に買い替えたいなー」と内心思っていました。

それからずっとかわいいフードボウルを探していたのですが、猫用のグッズってどうもファンシーなイラストが描かれているものが多く、デザイン性が優れているものはお値段が急にアップするんですよね(欲しかったけど諦めたnocotoの猫用ボウル)。

 

www.instagram.com

 

ある日友人の家に行った時に、高齢ネコ(19歳!)のトラネコさんのフードボウルがコップで底上げされていて、高さがある方が猫が食べやすいし猫の体に優しいということを学んだ私は、空き缶と100均セリアの食器を組み合わせて作ったDIYフードボウルを制作。

f:id:jikobukken:20161127124726j:plain

食器を非常食用のRITZ缶とビスコ缶でお皿を底上げしています。

帰りが遅くなる日は上に乗せるボウルのサイズを深いタイプのものに変更します。

DIYというにはおこがましい小さな工夫なのですが、フードボウルからカリカリをこぼす量が激減したし、吐き戻しが多少減った気がするし、見ていても食べやすそうに見えます。

そして缶の色やデザインがレトロでかわいいので見た目もとても気に入っています。

底に目立たないように半透明のまな板シート(これもどこか忘れたけど100均で購入)を敷いているので、こぼしたものはシートの上に落ちるので床が汚れにくいです。

お部屋のインテリアのアクセントにもなっていますし、ちっぽけかもですが、おばけちゃんの食べてる姿を見るたびに大いに満足するのです。

 

にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ
にほんブログ村ランキング参加しています
クリックしてくださるととてもうれしいです

 

f:id:jikobukken:20161127132356j:plain

猫用フードボウル製作費 ¥200

お皿(セリア)・・・ ¥100×2枚
ビスコ缶・・・ ¥0(スーパーで中身が入って¥500弱で売られていました)
リッツ缶・・・ ¥0(スーパーで中身が入って¥600弱だったような気が…)
底マット(100均のまな板シート)・・・ ¥100