読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちいさいおうちをたのしむ

築40年の50㎡の小さな中古マンションを購入し、夫婦2人でセルフリノベーションであちこちカスタムしていくブログ

f:id:jikobukken:20170104150957j:plainf:id:jikobukken:20170104151001j:plainf:id:jikobukken:20170104151004j:plain

【我が家の歴史 その4(改)】 私たちが家に求めたもの

我が家の歴史

ヨメ(こはな)が家に求めたものは…

・立地の良さ(私鉄の特急か、JRの快速が通る大阪市内、地下鉄の御堂筋線沿線。できたら乗り換えなしで京都まで行けるのがいい)

・値段の安さ(リノベーション込みで1000万円を目指していたので、できたら800万円以下)

・ヨメの職場まで1時間、実家まで1.5時間、ダンナの職場まで30分、実家まで1時間以内の場所

ヨメの家に対する妥協点は…

・駅まで徒歩15分以下ならばいい

・35㎡以上あればいい

・築40年前後までならいい

現実として、ヨメの条件に見合う物件は十三と新大阪あたりにそこそこあった

ヨメはアイランドキッチンにこだわるとかないしミニキッチンでも気にならないし、バストイレ別を求めるでもなくユニットバスで全然許せるし、隣家がゴミ屋敷だったりとか近隣に叫んだりする人さえなければまあええわいという程度のものでした。

それよりもアクセスの良い繁華街に住みたいタイプ。

ヨメの条件に適う物件は大阪市内に10件近くありました。

特に十三と新大阪付近には40㎡前後のおひとりさまもしくはおふたりさま向けの古い分譲マンションが多く、街は雑多で夜中までわいわいしているし、私の好きなライブハウス十三ファンダンゴにもすぐ行けるし、私のホームタウン京都にも40分もあれば行けるし、お休みの日にはバイクや自転車で梅田や難波まで行けると思うとワクワクしました。

当時の私の心の声は「内覧した物件の中から選んじゃおうぜ!」

が、しかし!

振り返ると…

『こはなの気に入るマンションでいいよ^^』と最初言っていたダンナの顔が曇りまくっていたのでした。

f:id:jikobukken:20170211123552j:plain

(画像がないと寂しいので貼ってみた。真ん中の青のぬいぐるみが欲しいのだけど、家のテイストと合わない…)

ダンナ(ゆきひろ)が家に求めたものは…

・家の広さ(1人暮らしで4DKに住んでいたのだから、2人暮らしなら2DKは必要/50㎡程度?)

・駅からの近さ(徒歩5分以上の物件は良くない)

・マンションの規模(100戸以下のマンションは不安)

・ミニキッチンとかユニットバスとかはちょっと…普通のファミリータイプの物件が良いと思う…

・ヨメの実家まで2時間、ダンナの職場まで1時間、実家まで1.5時間以内の場所(ヨメより30分緩い)

ダンナの家に対する妥協点は…

・立地はベッドタウンでいい。電車は普通しか停まらなくてもいい。(以前住んでいた家もそうだったし乗り換えに慣れている)

・予算は1500万位。(元の家に住んでいたら1000万円のローン残があり、リフォームしてたら500万円くらいかかっていただろうから)

・管理が良ければ築年数にこだわりはない。

ダンナは電車に乗ることが苦にならないが、家が狭いことが苦になるタイプ

広々とした一戸建ての実家(4人兄弟の大家族なのでお家は大きかったらしい)から、ド田舎のファミリータイプマンションを経て、都心部まで小一時間かかるベッドタウンのファミリータイプマンションに住んできたダンナにとって、一人暮らしタイプのマンションは一生住みたくない場所のようでした。

その代わり、物心ついた時からずっと都心部まで電車を使って出るのが当たり前という環境だったので、会社までの通勤時間や繁華街に行くための時間が多少かかっても、乗り換えがあっても平気。

このタイプの物件も内覧はしていないけれど、ネットで検索する限りちょこちょこありました。

が、私はフットワークの軽さに重きを置いているので、河原町まで1.5時間、梅田まで1時間かかるようなところに住むのはなあ…

やだなあ…

f:id:jikobukken:20170211124646j:plain

(バレンタインチョコはゴンチャロフ製のタンタンのやつ。ほぼヨメが食べた)

2人の希望を叶える物件とは?

繁華街と職場へのアクセスが良く、800万円以内で売りに出されていて、広さが50㎡以上あり、駅から徒歩5分以内、総戸数が多いファミリータイプのマンション。

えーと…こんな物件ないですね…

2人の妥協点を探ろう

ヨメもダンナも

『安くて会社と実家までそこそこアクセスが良ければ、狭くてもいいよね』

と言っていたので、希望していることは同じだと思っていたのです。

が、お互いの安さへの感覚が500万、アクセスへの感覚が30分、狭さの感覚が15㎡ずれていました。

私のマンション購入へのテンションは下がりまくりでした。

せっかく大きな負の遺産「無駄に広い、立地悪い、1000万も借金残ってる、バブル時代に買ってるから明らかに価格以下の価値しかない、前の嫁と一緒に暮らすために買った物件に私を住ますつもりかよ」という、五重苦の旧マンションを売り払って身軽になったのに、また立地悪い物件を借金してまで買う位ならとりあえず賃貸で立地良い狭めのファミリータイプの物件に暮らしながら、2人で暮らすにはどれくらいのスペースが必要か見極めるべきではないかと考えていました。

借金してまで住みたくない街で暮らすのは辛いっす。(つづく)

【以前に書いた「我が家の歴史 その4」に加筆しています】

 

にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ
クリックしていただけたらとても嬉しいです。

 

f:id:jikobukken:20170211123918j:plain

【途中経過】ポルックス(左)今晩から使い始めます。ボディソープ(右)よりサラサラしています。ちゅうかシャバシャバです。今まで使っていたシャンプーは粘度を上げるために薬品追加してたんだろうなあ。その薬品が体に悪いとかはないのかもしれないけど、ポルックスがシンプルな成分だから安心な気がするってのはある。